ソロ介護

1人で親を介護することで、
介護休職や介護離職の危険性をはらんでいる介護者

KeyWords
  • シニア
  • ライフスタイル
  • 危機管理
  • 多様性
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • ウェルネス
  • ヘルスケア
国・地域
  • 日本

概要:ソロ介護とは?

高齢者の増加、そして出生率の低下を受け、要介護者に対する介護従事者はますますその割合を少なくしている。その結果、老々介護や認認介護(認知症患者を介護する人もまた認知症である介護)、シングル介護など、制限ある状況の中で懸命に介護活動を行う人「ソロ介護」が増えている。国としての課題であり、そして個人・企業としての人道的な課題でもある、介護問題に対して持続可能な解決の仕組みを作り出すためにも、心理的・物理的・社会的に孤立する危険性と戦う彼ら・彼女らの介護の日常や職業観、ライフスタイルを探る。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ