日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

シャリオ(断捨離男)

モノを捨てることをいとわず、積極的に断捨離をする生活者

KeyWords
  • E-コマース
  • アイデンティティ
  • エコライフスタイル
  • シェアリング
  • ブランド価値
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • コンテンツ
  • 消費財
国・地域
  • 日本

概要:シャリオ(断捨離男)とは?

生活に必要最低限なもののみを確保し、それ以外は積極的に捨てることで、快適な環境や生活を持続させることを目指す考え方。やましたひでこ氏の「断捨離」やこんまりこと近藤麻理恵氏の「人生がときめく片づけの魔法」など、「捨てる」思想が女性の間で話題になって久しい。この波は男性にも及び、もはや性別を問わず、捨てることが重要なキーワードの一つとなっている。
類似する概念として、必要最低限のもののみで暮らす「ミニマリスト」への注目が最近にわかに高まっているが、本サーベイで特に注目したいのは、ものの購入自体を控えがちなミニマリストよりも、購入はするが同時に廃棄も頻繁に行う、ものを捨てることへの抵抗が薄れた存在としての「シャリ男(断捨離男)」である。彼らがものを買う/捨てる基準、あるいは手元に残すものの基準などは、現代人に向けた企画や商品開発に示唆深いだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ