サマラー

映像コンテンツの視聴速度や視聴媒体を変え、
効率よく得体情報を消費する生活者達

KeyWords
  • エンターテイメント
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • エンターテイメント
  • コンテンツ
国・地域
  • 日本

概要:サマラーとは?

NetflixやHuluといった動画配信サービスの一般化や、YouTubeの生活への浸透により、テレビや映画のコンテンツ消費の方法が大きく変わっている。自分の求めるコンテンツを、隙間時間に効率的に見つけ、視聴する人が増えているのだ。
特にYouTubeやNetflixなどの動画メディアでは、動画の速さを変更して視聴することが可能となった。今回は、録画したテレビや映画コンテンツを1.5倍速で視聴する生活者を中心に、映像コンテンツを凝縮して視聴している人たちを「サマラー」と名付け、調査した。彼らの情報接触に対するモチベーションは、効率的な情報摂取と、反復することによる映像コンテンツの深い理解の大きく二つであるようだ。
接触可能な情報メディアにあふれている今、生活者は映像メディアのどこに魅力を感じ、どういった姿勢で情報を獲得するのか、「サマラー」への調査を通じて紐解いた。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ