日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

コンフォートリスナー

「知識の多い頭の良さ」や「新しいことを知っている感度の高さ」のような他人からの評価ではなく、「自分自身の快適さ」を中心として情報を選び取っている人たち

KeyWords
  • エンターテイメント
  • デジタルデトックス
  • マインドフルネス
  • ミレニアル世代
関連業界
  • IT
  • SNS
  • エンターテイメント
  • コンテンツ
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:コンフォートリスナーとは?

現在、世界でも市場が拡大するとして注目が集まっている「音声メディア」。音声だけで人々に情報を与えるこのメディアは、他の行動をしながら聞きやすい、生活に溶け込むような特徴があります。「目」を使った情報取得が「耳」だけになることで、生活スタイルや快適さは変化します。今回は、「音声メディア」を使用して日常的に情報に触れている人々を調査することにより、「快適さ」を重視した情報取得の未来について調査します。まず、生活の中でどのように情報に触れているのか、ライフスタイルという視点から、未来の生活者の行動を捉えたいと考えます。また、音声メディアはSNSと似て「個人」が発信するコンテンツが多いことから、「誰もが知りたい情報」ではなく、「誰かにとって必要な情報」に価値が集まっていることも特徴です。つまり、彼らは「知識の多い頭の良さ」や「新しいことを知っている感度の高さ」のような他人からの評価ではなく、「自分自身の快適さ」を中心として情報を選び取っている人たちでもあります。ライフスタイルと情報の取捨選択という、2つの「快適さ」を追求する「コンフォートリスナー」。彼らの行動や価値観から、快適な情報取得の未来を読み解きます。

 

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ