日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ギルトフリーシーカー

罪悪感が全くない状態を精神的に健康な状態と捉え、
罪悪感ゼロを目指す人たち

KeyWords
  • プロテイン
  • 健康志向
  • 免疫
  • 贅沢品
関連業界
  • ウェルネス
  • ヘルスケア
  • 嗜好品
  • 食品
  • 飲料
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:ギルト・フリーシーカーとは?

罪悪感が全くない状態を精神的に健康な状態であると捉え、罪悪感0で贅沢なものを楽しみたいという生活者を「ギルト・フリーシーカー」と名づけた。これまでは、生活者は嗜好品や旅行といった贅沢なものを楽しむ際に、それが自分の身体や地球に悪影響を与えていたとしても見て見ぬふりをして、贅沢な行為を楽しんでいた。しかし、悪いと分かっている行為を行うで生まれる罪悪感に対する生活者の感度が高まった結果、小さなことでも自分の中に生まれた罪悪感が自責の念につながり、ストレスと感じるようになっている。その結果、罪悪感を取り除き、精神的なストレスのない状態でいることが贅沢なものやサービスに求められるようになっている。

このような罪悪感0を目指すトライブ「ギルト・フリーシーカー」の調査をすることで、今後の贅沢な飲料・食品の商品開発のための示唆を得ることができるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ