日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

エンライテッド・シニア

定年後にやりたい事を見つけ老いを引け目と捉えず趣味に没頭する生活者たち

KeyWords
  • セカンドキャリア
  • 人生100年時代
関連業界
  • 医療
  • 旅行
  • 美容
国・地域
  • 東南アジア
  • 欧米

概要:「エンライテッド・シニア」とは?

従来のキャリア観では定年後は地元などで落ち着いて暮らし健康に気を配りながら静かに暮すことが一般的であったが、近年定年後にこそやりたいことを見出して活動的に過ごす高齢者が増えている。彼らのように老いることを前向きに受け止め、新しい活動を始めてアクティブなライフスタイルへと変化する契機と捉えている人々を「エンライテッド・シニア」と名付けた。彼らの特徴としては、体を酷使するようなスポーツに挑戦し体を鍛え上げることや、新たな職業スキルを身につけるなど、それまでの自身のライフスタイルの延長線上には無かった新たな可能性を全力で探求することだ。若者にも引けを取らない熱量で挑戦を重ねる一方で、自分の体が老いつつあることを認めて体づくりを行うなど、折り合いを付けながらも今の自分を楽しむといった価値観の現れから、今後の人生設計やキャリア形成の兆しを知ることができるのではないだろうか。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ