アーバン・ファーマーズ

土地の狭い大都市に暮らすでも身近な場所に農場のような自然を持ちたいと考える生活者の増加

KeyWords
  • TimeWellSpent
  • エコノミー
  • エコライフスタイル
  • オーガニック
  • コミュニティー
  • マインドフルネス
  • ミレニアル世代
  • ライフスタイル
  • 地域コミュニティ
  • 暮らし
  • 空気
  • 観葉植物
  • 都市生活
関連業界
  • ウェルネス
  • 不動産
  • 住宅
  • 健康食品
  • 娯楽
  • 小売
  • 食品
  • 飲料
国・地域
  • アメリカ

概要:アーバン・ファーマーズとは?

観葉植物を導入して自宅を緑化したい、あるいはベランダに大きめの鉢を買ってきてそこでミニトマトを育てるなどの家庭菜園を楽しみたいといった、都市にいながら田舎のような生活を楽しみたいという価値観は2020年のパンデミックを境に大幅に進化した。一部の人たちは、大都市にある自宅にいながらも農場で何かを育ててるようなエクストリームな形で自然に触れられる行動を求めている。ここではそんな考え方を持っている人たちを「アーバン・ファーマーズ」と名付けた。例えば、彼らは裏庭や屋上で蜂蜜を採るために養蜂を行ったり、自宅近くのスペースに小さな畑を借りて各種野菜の苗を植えて1年を掛けて本格的に植物を育てたり、あるいは自宅内でキノコを育てる人などもいるようだ。こうした先進的な生活を楽しんでいる人たちを調査することは、精神的健康や環境問題への意識が高まる未来を見据える上で重要なヒントを提供することになるであろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ