日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

アバタラー

アプリやゲームにおいて自分によく似た顔や体格、あるいは自分と全く違うアバターを生み出し、現実世界とは全く異なる生活をおくる人たち

KeyWords
  • SNS
  • VR
  • アパレル
  • エンターテイメント
  • コミュニティー
  • デジタル・ネイティブ
  • 暮らし
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • エンターテイメント
  • 娯楽
国・地域

概要:アバタラーとは

十年以上前に注目された「セカンドライフ」などに代表されるように、自分のもう一つの生活を現実世界以外に求めるといった試みは、以前より繰り返されてきた。現実世界では達成できない目標や、おくることの出来ない生活のスタイルを仮想空間で楽しむ、謂わばパラレルライフとも呼べるこうした行動は、VRやARなどの仮想現実を構成する技術の発達につれ現実味を増してきた。アプリやゲームにおいて、自分によく似た顔や体格のキャラクターであるアバターを作り出し、自分が着るような服などを着せることで第二の自分を生み出し、友人たちと交流を行ったり、あるいは自分と全く違う顔や服装のアバターを生み出し、現実世界とは全く異なる生活をおくる人たちもいる。我々は、こうしたアバタラーの人たちの調査を通じ、今後ますます広がっていくと考えられる、仮想空間内での第二の自分の作り方や過ごし方を見通す。この調査は、仮想空間と現実世界の両立が求められる、これからの日常を考える上で重要なヒントを与えるだろう。COVID-19の感染拡大によって大人数で集まるイベントや集会が相次いで中止となり、離れていても集まることができる仮想空間への注目がより一層集まっている。多くの集客を見込むイベント業界やデジタルビジネスを推進する事業者にとって有効なレポートであろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ