ミレニアルズのプレミム・ノンアルコール需要 酔わずに贅沢感だけ味わいたい生活者

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

「お酒は飲まないけどバーに行く」クラフト・"ノンアル"スピリッツも着々進出、ノンアル市場が動く | HEAPS

ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー。健康志向の高まりとともに、いろいろ食生活が市民権を得ている現代。ベジタリアンにはとりあえずサラダかポテトを勧めておけばよかった時代が終わったように、アルコールを飲まない人に甘いソーダかジュースを用意しておけばよい時代も終わろうとしている。アルコールをガブ飲みしない若者が増えているいま、レストランやバーは売り上げを伸ばそうと苦心。そんな中「ノンアルコールドリンク」に解決策を見出そうとする動きが年々顕著になってきている。英国で生まれた世界初のクラフト・ノンアルコールスピリッツも、着々とバーに進出している。 世界初のクラフトノンアルコールスピリッツ『シードリップ(Seedlip)』, Photo via Deedlip 週に缶ビール3缶分以下しかアルコールを飲まない ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー。ベジタリアンやグルテンフリーのオプションを用意するレストランが増えているように、「アルコールを飲まない」という"ライフスタイル"も市民権を得ようとしている。というもの、ミレニアルズやジェネレーションZ世代では「アルコールを飲まない」ことがさほど珍しいことではなくなってきているからだ。「できればアルコールにお金を使いたくないし、それほど飲みたくもない」という声は年々大きくなっている。 若者の酒離れが特に話題になっているのが、あろうことかパブ文化発祥の地、英国だ。2017年に発表された英国のミレニアルズ調査によると、1週間のアルコール平均摂取量は5ユニット。日本で売られている350mlの缶ビール(5%)が1缶あたり1.75ユニットなので、5ユニットというのはたったの「ビール3缶以下」を示す。750ml入りのボトルワイン(13.5%)は約10ユニットなので、5ユニットだと一週間かけて二人でやっとボトルを一本空けるペースということになる。 健康志向の影響か、過去5年で「アルコールをやめる利点」についてのグーグル検索率は約70パーセントも上がっているという結果も。16-24歳のジェネレーションZ世代は、約5人に1人が「アルコールを飲まない」と答え(英国では親が同伴していれば16歳からビールやサイダーなどの飲酒が可)、66パーセントが「アルコールを飲まなくても、ソーシャルライフに影響はない」と回答している。

続きを読む

酒に酔う=クールではなくなった、世界のミレニアル世代に広がる「アルコールフリー」ライフスタイル | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

年末にはクリスマスや忘年会、年初には新年会とこの時期はアルコール飲料を飲む機会が多くなる。 東京消防庁のデータによると、同消防庁管内で発生した急性アルコール中毒による救急搬送者数は2012年1万1,976人、2014年1万4,303人、2016年1万6,138人とこの数年右肩上がりで伸びている。年代別では20代が圧倒的に多い(2016年は6,988人)。若い世代が無理をして飲酒している現状を浮き彫

続きを読む