日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

テクノロジーを活かして 農業のビジネス化に貢献しようと考える若者が増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

日本の農業、新卒が耕す 法人増えて新たな受け皿に|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE

大学などを卒業した若者たちの就職先として、農業が選択肢の一つに定着してきた。会社型の農業法人が増え、農業に縁のない若者でも新規就農がしやすくなっている。「東京出身で親は普通のサラリーマン。でも、いつかは友人と一緒に農場を経営したい」。今春…

続きを読む

「新卒で農業に就職する」という選択肢 2016卒専門サイト開設で「就農」は増えるか?

Life Lab社・西田裕紀氏 2016年卒の新卒者に向けて、ちょっと変わった就活情報サイトがオープンしている。「第一次産業ネット2016」がそれだ。農林水産・農業関連産業(アグリビジネス)の会社を専門に紹介しているナビサイトである。 これまでは新卒で「就農する」という選択肢はあまり考えられていなかったが、学生の意識も少しずつ変わっているという。同サイトを運営するLife Lab(ライフラボ)社の西田裕紀氏に、最新の取り組みや業界動向を聞いてみた。 「のんびり暮らしたい」で挫折する人もいるが Agri-Business Career Summit 2016では、アグリビジネスの起業家たちがセッションした(第一次産業ネットより) 第一次産業ネットが今年2月に都内で開催した「「Agri-Business Career Summit 2016」には、100名程の学生が集まった。先進的な農業やアグリビジネスを営む10社と交流し、西田氏は「徐々にですが、農業の仕事に対する学生の関心の高まりを感じています」と語る。 「もちろん参加者全体としては農業関係の分野を専攻する学生も多いのですが、約半数はそうでない学部の方たち。これまでは中途採用が当たり前だった会社側にも、少しずつ変化しているといえます」 新卒専門サイトの登録者数は、4月時点で1000人を超えた。募集企業は15社で、イオングループが手がける「イオンアグリ創造」のように知名度の高い会社の関連会社や、養鶏・酪農の分野で大規模な事業を展開する会社などが、若い担い手を募集している。 「これから業界は『二分化』が進むと思っています。すなわち、効率を求めて大規模化する企業と、無農薬など小規模でも付加価値を高める企業です」 大規模化した企業は、多くの労働力が必要になる。しかし農業法人の中は、新卒を採用したり育てたりといった経験のない企業も多い。そこには、日本の第一次産業が高齢化していたり、その仕事の実態がうまく伝わっていないといった課題がある。 「上手に採用して定着率も良い企業もあれば、60代の経営者が20代の新卒者をうまく使えないこともある。求職者も『独立したいから修行しよう』とモチベーションが高い人もいれば、『都会がイヤでのんびり暮らしたい』とヤワな動機で就農して続かない、という人もいます。それぞれですね」

続きを読む