日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

建造物がインタラクティブに、「待ち時間」がなくなる社会が到来

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

床一面が万華鏡!ロンドン北部の町に出現したインタラクティブな巨大カーペット

実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はなかったかもしれない。デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエ。彼のスケールはとにかくデカい。2016年7月、ロンドン北部の街ミルトン・キーンズで開催された「ミルトン・キーンズ・インターナショナル・フェスティバル」、その会場の床一面1,200㎡

続きを読む

建物がスクリーンに!今話題の「プロジェクションマッピング」とは?

建物に映し出される立体映像

続きを読む