環境意識の向上は押し付けられるものではなく、 貢献活動そのものが楽しいと思われる体験が必要となる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

英国でテーマパークの入場料が半額に!自分も環境もうれしい「逆自動販売機」とは | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

近年、海の生物への悪影響が明るみに出て、ヨーロッパを中心に、プラスチック禁止運動が広まっている。イギリスでは、王室や政府、販売者、そして消費者にもプラスチック廃棄を減らす圧力が高まっている。 しかし、イギリス国内で毎年販売されている130億本ものペットボトルのうち、リサイクルされているのは43%にとどまり、毎日約70万本が捨てられているのが現状だ。 一方で、コカコーラ社の調査によると、イギリス人の64%の人が、その場の払い戻しやクーポンなどのご褒美が与えられれば、リサイクルをするという。 これをうけ、7月25日から10月19日まで、レゴランドなどを運営するイギリス最大のアミューズメント会社Merlin社と、コカコーラ社がタイアップし、「逆・自動販売機」を利用すると、イギリス国内の人気テーマパークで、入場料が半額になるキャンペーンをはじめた。 500ミリリットルのペットボトルを「逆・自動販売機」に入れると、Merlinグループが運営するイギリス国内30の施設で利用できるクーポンと引き換えられるという簡単な仕組みだ。 「コカコーラ社とのタイアップは、私たちのブランドの社会貢献活動に対する意欲を表している。私たちは常に、環境保護や、海の汚染を防ぐ意識を高める方法を模索している。このキャンペーンをとおして、家族団らんを楽しみながら、リサイクルを促進するという流れを構築したい」Merlin社のSandra Hazel氏は語る。 また、コカコーラ社イギリスおよびアイルランドのゼネラルマネージャー Jon Woods 氏は 「私たちは、『リサイクル』という正しいアクションをとる人に褒美を与えると同時に、インセンティブがあれば、リサイクルするという人たちの意欲を高めたい。コカコーラ社が販売するペットボトルは、すべてリサイクル可能である。なので、回収率を高め、ペットボトルがゴミにならないようにしたい」と言う。 気候変動や水質汚濁などから、環境問題の深刻さが身近にわかるようになったきた。しかし、「良い」とはわかっていながらも、ついめんどくさくなってしまうのが、リサイクルだ。だからこそ、「逆・自動販売機」のように、自ら積極的に実施したいと思わせるような仕組みが必要だ。 一過性のキャンペーンに終わらず、リサイクルを「習慣化」するきっかけになることを期待したい。

続きを読む

ペットボトル持ち込みで割引になる駐車場。利用者もうれしい英国発のリサイクル | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

海はプラスチックの袋小路と言われる。現在、毎年約3億トンのプラスチックが生産されており、ビニール袋や飲料ボトル等、その半分は使い捨てされる。そして行き場を失ったプラスチックごみが最後に行き着く先が海だ。毎年800万トン以上のプラスチックが海洋に投棄されていると見積もられている。 そこで、駐車場事業を展開するイギリスのCitiParkは、10月のあいだはペットボトルを持ち込んだ利用者の駐車場料金を割引する試みを始めた。 500mlボトル1本につき20ペンス(約30円)。持ち込んだボトルの数量に応じて割引分のバウチャーを得ることができ、割引金額によっては、駐車料金が無料になる場合もある。回収されたボトルはシャツ、玩具、椅子などのアイテムに生まれ変わるそうだ。 今回の割引は、CitiParkが10月22日(月)からメリオンセンター支店で行うペットボトルのリサイクルの取り組みの一環である。小売業者や団体を巻き込んで、リサイクルを含む持続可能な活動を1週間にわたって行っていくという。 Photo by Angello Lopez on Unsplash CitiParkは環境保護に積極的で、すでにさまざまな取り組みを行っている。また、エネルギーを節約し、汚染を減らし、廃棄物を削減するための持続可能な技術にも資金を投下している。 CitiParkの親会社であるTown Centre SecuritiesのCSR担当者シャーロット・デイジー・ジフ氏は、「CitiParkでは、将来の世代のために環境の保全と改善を行う責任があると考えています。このプロモーションは、お客様に安く駐車できる機会を提供するだけでなく、廃棄ペットボトルを取り除き、環境保護に貢献するでしょう。」と述べる。 プラスチックは、不適切に焼却すると、ダイオキシン等の有害物質が発生する。また海に廃棄された場合、海洋生物が誤飲し、消化せずに胃袋に大量に溜まったり、最悪の場合は命を落としたりすることもある。細かく砕けたマイクロプラスチックは、除去が極めて困難で、その毒素は食物連鎖を経てさらに濃縮されることがわかっている。

続きを読む