SEEDATA

「飲食店」に関するレポート

  • ヘルスケア消費の今後:ドクターシューマーのライフスタイルを分析

    ヘルスケア消費の今後:ドクターシューマーのライフスタイルを分析

    ”健康意識の高い消費者”、今回はその中でもこれだけ飲めば1日何も食べなくていいと言われる完全栄養食品を利用/もしくは利用意向のある消費者に絞り、彼らの生活シーンを探ることで、健康・美容の今後を探る。

    このレポートのお勧めの業界

    スポーツ業界,テレビ業界,ドラッグストア業界,介護業界,小売業界,製薬業界,食品業界,飲食業界

最新のトライブレポート

  • LGBTの消費の今後:エグゼクティブ・ゲイを読み解く

    LGBTの消費の今後:エグゼクティブ・ゲイを読み解く

    LGBTに代表されるセクシャルマイノリティの人たちに着目。その中でも可処分所得が高く交友関係も広いゲイ(エグゼクティブ・ゲイ)に限定し調査・分析した。

  • エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    一般的にエコとは節約の文脈で使われているが、今回私たちはエコをある種のステータスやエコをエンターテイメントとして捉えている人たち(エコエンターテイナー)に着目し調査・分析した。

  • フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語、フィンテック(FinTech)。この言葉はリーマンショック以降注目が増し、この2~3年で注目すべき市場となった。今回はフィンテックの「入門」とも言える各種家計簿サービスの利用に着目してフィンテック消費のこれからを分析した。

  • 早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    ヨコミネ式教育法など早期教育がメディアで取り上げれられ、早期教育の重要性が波及し始めた。今回は子どもが生を受ける前からの教育(胎教)を行っている母親、生後から就学前(6歳まで)の子供に教育を行っている母親を対象にホームビジットによる調査・分析をした。

トライブのカテゴリ