SEEDATA

「ビジネス」に関するレポート

  • エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    一般的にエコとは節約の文脈で使われているが、今回私たちはエコをある種のステータスやエコをエンターテイメントとして捉えている人たち(エコエンターテイナー)に着目し調査・分析した。

    このレポートのお勧めの業界

    エネルギー業界,不動産業界,住宅設備業界,家電業界,自動車業界,飲料メーカー業界

  • フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語、フィンテック(FinTech)。この言葉はリーマンショック以降注目が増し、この2~3年で注目すべき市場となった。今回はフィンテックの「入門」とも言える各種家計簿サービスの利用に着目してフィンテック消費のこれからを分析した。

    このレポートのお勧めの業界

    IT,クレジットカード業界,スマートフォン業界,モバイル業界,証券業界,金融業界,電子部品業界

  • 早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    ヨコミネ式教育法など早期教育がメディアで取り上げれられ、早期教育の重要性が波及し始めた。今回は子どもが生を受ける前からの教育(胎教)を行っている母親、生後から就学前(6歳まで)の子供に教育を行っている母親を対象にホームビジットによる調査・分析をした。

    このレポートのお勧めの業界

    ゲーム業界,モバイル業界,不動産業界,教育業界,玩具業界

  • 働き方の未来:クラウドソーシングユーザーの分析

    働き方の未来:クラウドソーシングユーザーの分析

    近年、クラウドソーシング系サービスの台頭により生活者のライフスタイル・働き方が変わってきている。今回はこのクラウドソーシングで仕事をし、月収20万円以上稼ぐプロクラウドワーカーに着目し働き方の未来を調査した。

    このレポートのお勧めの業界

    カフェ業界,コンサルティング業界,人材派遣業界,教育業界,通信業界

  • 離婚ビジネスの今後:未離婚夫婦の分析を中心に

    離婚ビジネスの今後:未離婚夫婦の分析を中心に

    今すぐにでも離婚したいという気持ちを持ちながら、経済的な問題や、世間体、子どもの存在など様々な要因から離婚に踏み切れない離婚の潜在層を「未離婚」と定義し、調査・分析を行った。

    このレポートのお勧めの業界

    IT業界,ソフトウェア,不動産業界,人材派遣業界,介護業界,住宅,住宅設備,保険業界,地方自治体,家電業界,建築業界,文房具業界,通信業界,金融業界,食品業界

  • ヘルスケア消費の今後:ドクターシューマーのライフスタイルを分析

    ヘルスケア消費の今後:ドクターシューマーのライフスタイルを分析

    ”健康意識の高い消費者”、今回はその中でもこれだけ飲めば1日何も食べなくていいと言われる完全栄養食品を利用/もしくは利用意向のある消費者に絞り、彼らの生活シーンを探ることで、健康・美容の今後を探る。

    このレポートのお勧めの業界

    スポーツ業界,テレビ業界,ドラッグストア業界,介護業界,小売業界,製薬業界,食品業界,飲食業界

最新のトライブレポート

  • LGBTの消費の今後:エグゼクティブ・ゲイを読み解く

    LGBTの消費の今後:エグゼクティブ・ゲイを読み解く

    LGBTに代表されるセクシャルマイノリティの人たちに着目。その中でも可処分所得が高く交友関係も広いゲイ(エグゼクティブ・ゲイ)に限定し調査・分析した。

  • エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    エコ消費の今後:エコエンターテイナーの分析を中心に

    一般的にエコとは節約の文脈で使われているが、今回私たちはエコをある種のステータスやエコをエンターテイメントとして捉えている人たち(エコエンターテイナー)に着目し調査・分析した。

  • フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    フィンテック消費体験のこれから:支出管理アプリ分析を中心に

    金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語、フィンテック(FinTech)。この言葉はリーマンショック以降注目が増し、この2~3年で注目すべき市場となった。今回はフィンテックの「入門」とも言える各種家計簿サービスの利用に着目してフィンテック消費のこれからを分析した。

  • 早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    早期教育のこれから:早育ママトライブの分析を中心に

    ヨコミネ式教育法など早期教育がメディアで取り上げれられ、早期教育の重要性が波及し始めた。今回は子どもが生を受ける前からの教育(胎教)を行っている母親、生後から就学前(6歳まで)の子供に教育を行っている母親を対象にホームビジットによる調査・分析をした。

トライブのカテゴリ